おやのわ、はじめました

f:id:rousokuyo:20190711091407j:plain

 

 

ことしは梅雨のはじまりがおそかったので

夏が来るのがおそい氣がする。

まだ蝉の声もあまり聞いてない。

 

ろうそく夜でときどき、「かあちゃんの会」という

お母さんのしゃべり場みたいなものを主催している。

子育てのこと、子どものこと、母としての「わたし」のこと、

それ(思い)を話す(出す)場が、お母さんたちに

必要なんじゃないかと思って。

 

そのような場がなくとも

それなりに消化しながらのりこえていけるお母さんももちろんいると思う。

でも、そばに共感してくれる友だちや家族がいなかったり

相談できないまま、我慢したり、頑張りすぎたりして

ときどきひずみとなって苦しくなる、という人は

少なくないように思う。

 

わたしは、どちらかというと若いうちに子育てがスタートしたほうなので

まわりに話せる人がいなかった。

似た立場の人がいなかったな。

それに仕事もしていなかったので、

ずーっと慣れない子育てに追われて

なんかモヤモヤして、子育てを楽しむ余裕はまったくなかった。

 

のちに、素敵な保育所に出会えたおかげで

自分の思いを出すことや、共感しあえることで

子育ての大変さはのりこえられるということを知った。

もちろん、共感しあうだけじゃなく

自分はどう思うか、どう考えているか

人との違いをおそれず、自分の意見を伝えるということも

たくさんたくさん経験させてもらった。

 

 

そのかあちゃんの会のようなもの(月いち子育て座談会)を、この夏から

日々太の通うこども園でもはじめてみルことにした。

日々太は上の3人とはちがう、近所のこども園に通っているが

ここも独特でいい保育園だ。

園長が、とても柔らかく大らかな人なので

園としてもこころよくサポートしてくださることになった。

本当にありがたい。

 

 

会のなまえは「おやのわ」にした。

先月1回目を開催したけど

わたしが思っていた以上に

みんな「あの頃のわたし」だった。

まだ子育ての楽しみも知らない。

自分のままでいいって、なかなか思えなくて

誰かにいうてほしくて、でも誰もその氣もちを知らなくて

モヤモヤしてる、わたしみたいだった。

そしてお母さんたちを抱きしめたくなった。

 

おやのわ、または、かあちゃんの会は

こころをひらいて、思いを出してもいいんだ!

ここで何喋ってもいいんだって、

その心地よさがわかってからが

スタートだって思っている。

そこからようやく

ほんとうのの子育てがはじまると思っている。

 

ほんとうの子育ての歓びを知ったわたしは

やっぱりどうしても

「あの頃のわたし」に伝えていく役割があると思ってしまう。

 

必要な人に届いたらいいなあと思う。