学校ってなんだ 高校篇

f:id:rousokuyo:20180713081915j:image

 

 

不登校だったはねたは

この春から、高校生になった。

 

「高校へ行く」と決めてから

残りの中学時代は、無遅刻無欠席でかよった。

誰にもそうしろと言われていないのに

自分で決めたことはやる

というのが彼の素敵なところだと思う。

 

それにしても

中学時代のほとんどの学習をしていない彼は

遡ること小学生時代も

あまり勉強が得意ではなかったから

基礎学力みたいなものが十分身についていないのか

行こうと思っていた高校には入れなかった。

(ここを書くと長くなるのでまたいつか)

 

不登校をしていた経験のある子が

意を決して高校へいくと決めても

思いのほか難しいことだということが

今回のことでよくわかった。

中学校はこころもからだもものすごい

変化する時だ。

ぐん!と伸びようとする子どもたちは

学力で順番がつけられて、評価されて

居場所を失ったと感じる子もたくさんいる。

はねたもそう。

おれはバカなんよ。みんなもそう思っとる。

と、よく言うていた。

 

でも高校に行きたいと思った彼は

自分なりに勉強した。

でも、遅れた時間をとりもどすには

ちょっとおそかった。

 

 

でも、高校って色々ある。

通信とか定時制とか私立とか。

はねたは全日制に行きたかった。

でも最終的に定時制高校を選んだ。

定時制高校って、外から見るのと中から見るのとではイメージが違う。

 

ヤンキーばっかりなんじゃないか、とか

いろんな年代の人がいるんじゃないか、とか

ほとんどの子が1年も続かないらしいよ、とか

いろいろ言われたけど、

 

今の定時制高校は昔よりもいろんな事情を抱えた子が通っている。

なので、とても自由で

ゆっくりした時間が流れている。

授業時間は40分。

1日4時間目まで。

 

みんなと違うのが普通なので、

人との違いをあまり氣にしなくていい。

いちばんわかりやすいのが制服。

着てもいいし着なくてもいい。

このことにわたしはいちばん反応した。

制服があるのに着なくてもいいって!?

すごい!!!!!

制服着たくないっていう人いるよね。

制服好きな人もいる。可愛く着こなしたいとか。

性的マイノリティの人も

経済的に負担ていう人も

年齢的に抵抗がある人も

選択肢があることはとてもいい。

そして、いろんな人がいることを

「着ても着なくてもいい」という共通認識のおかげで

誰もがお互いを認め合うことができる。

それだけで「わたしはここにいていいんだ」って思える。

 

おしゃれするのがすきなはねたは

入学式の日から

自分の好きな服を着て行った。

 

入学して1ヶ月もたった頃

入学式の日は私服を着ていたのは

はねたひとりだけだったのが

クラス半分くらいの子が

私服になっていた。

みんなのびのびと

解放された顔をしているように見えた。

 

つづく