読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライの学び舎

3日間のリトリート「みらいの纏う 食べる からだみつめるのひ。」

淡路島の素敵な貸別荘にて

2日目の夕食、どいちなつさんの「季節の台所」、お手伝いしてきました。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526102314j:plain

 

会場はまだ、お昼のささたくやくんの

「料理をしない料理教室」中。

まずは朝から別の場所でスタッフだけで集合して

淡路島の五色の山あいに、食材の収穫に行きました。

すでに夏の日ざし。

麦わら帽子。

風はまだひんやりしてきもちいい。

山あいと言っても、丘の上というかんじ。

とってもいいところだった。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526103232j:plain

 

いちめんむらさきの花。

カラスノエンドウのしんせきらしい

フェアリーベッチという名の野草。

やわらかい穂先だけをいただき、じゃがいものズッパにうかべる用。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526104140j:plain

 

みんなでミゾにはまったり尻もちをついたりしながら

たどり着いたのは人参畑。

ちなつさんの自然農なかまの畑におじゃましています。

おいしそうな、やわらかそうな、人参。

ポターの絵本にでてきそうなにんじん畑。

 

あとよもぎと、山いちごをすこし収穫。

よもぎは人参とおなじく天ぷらに。

山いちごはデザートのアイスクリームに添える用。

 

 

f:id:rousokuyo:20150526172910j:plain

 

別荘にもどってきて、たくやくんのTABI食堂のキッチンから

あっというまに

ちなつさんの季節の台所に様変わり。

たくやくんのキッチン、冬のろうそく夜でのTABI食堂をおもいだす。

お手伝いのるり子ちゃんもまた来ていて、

再会がとても嬉しかった。

 

今回お手伝いはわたしのほかにフミちゃんていう女の子。

ちなつさんをふくめ、3人ともなんとなく

のんびりした雰囲気で、あわてた感じもきびきびした感じもなく

ペースがおなじというか、

わたしにとってはとても安心できる雰囲気。

それでもちゃんと時間内にできたし

作業も片づけもスムーズでよかった。

フミちゃんもとてもお料理のできる女の子。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526185059j:plain

 

スタッフもふくめて31人ぶんのごはん

おむすびは参加した方ににぎっていただきました。

玄米、黒米、白米の3種類のお米に

人参、オカヒジキ、島もずく、三つ葉、よもぎ、たけのこの天ぷらをのせて

天むすに。

大きな大きなざるにのった、100こちかくの天むすは圧巻。

木の板と、ざっくりしたクロス、ふきの葉っぱや、柏の葉、山もみじの枝をあしらった

ひとりひとりのテーブルも美しかった。

さすがちなつどん!!

さいごのデザートのココナッツのアイスクリームには、

おいしいバルサミコ酢をかけて、山いちごとグミの実と、

ろうそく夜のライ麦クッキーも添えさせていただきました。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526222531j:plain

 

おわってから帰り際、全員じゃないけど

ミライの学び舎主要メンバーのみんなと記念撮影。

 

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150527115918j:plain

おまけ。じぶんへのご褒美。

kittaさんの布。

あたまに巻く用。

 

 

 

f:id:rousokuyo:20150526223042j:plain

もひとつおまけ。

たくやくんの賄いlaw cake。

甘夏とココナッツ。ひさしぶりのたくやくんケーキ。

 

ミライの学び舎本祭もとってもたのしみ。

大すきなひとがいっぱい来る!!!

ひとまず今月の大きな仕事はおわり。

あそぶぞー

広告を非表示にする