空と海とうたとおどり。



ブログにかきたいことがいっぱいあるのに、
どんどん溜まって、あきらめて、をくりかえしている。
いろんな思いがうかんではきえるので
かきとめておけばよかったな。
たまに自分でよみかえすと
つみかさねてきたことの確認となるので。


きのうのにこにこ市は
ぽのぽのマーチも同時開催。
素晴らしい自然のなかで
ここちよいうたとフラにつつまれて
ウトウトと
いろんな思いにつつまれる



末娘のムギが保育所を卒園した。
長男のときからいうと、もう8年もかかわってきた保育所でしたが
ようやく、卒園したのです。
子どもたちのために、みんなで手をつなぐ子育てを
本気でやっている、こんな場が今どきあるのかというくらい
素敵な保育所だった。
いっぱいの人とかかわるなかで
みんなで話しあいながら、子どもが育つ場をつくっていく。
この「みんなで話しあう」ことのむずかしさ、
そして、すばらしさ、ここちよさを
この保育所で教えてもらいました。


たったひとりで子育てをしながら
自分とむきあい、子どもとむきあい、
社会にたいしては、なんかへんだな。
なんでこんなに、子育てしにくい世の中なんだろう?
そんなことを思いながら、
こころはいつも不安でこわれそうで
孤独な子育てをしていたあのころ、
ここの保育所にであえてなかったら
今のわたしはどんなだっただろう。


自分の思いに気づき、
自分の思いをみんなに伝えてみる。
聞いてもらったこころは満たされ、
こんどはみんなの思いはどんなだろう?っておもう。
だれかのことばに耳をすます。
だれかの思いを知り、
共感したり、自分とのちがいを知ったとき
またあたらしい気もちが、自分のなかにうまれる。ことにまた気づく。
そして、またほかの人の声をきく。
そんなふうに、話しあう。
子どもも、おとなも、そんなふうに育ちあっていく。


子どもから学べばいい、ということを
ここで教えてもらった。
手をつなぎ、つながること、心をひらくこと。
ゆるすこと、感謝すること、共感すること。
手ばなすこと。
みんなで、心をよせあい、知恵と力をだしあえば、
すごいことができるということを
からだで学んだ。



きのうのライブをみながら
いろんな思いがよみがえってきた。
出店しながらのふうふげんかも、
さいごには、
ありがとうのきもちで、
うけいれることができた。
すべては子どもと子育てからまなんだこと。

広告を非表示にする