4月からのろうそく夜



3月は、まいとし家族が体調をくずしたり
思いがけない別れがあったりと
ちょっとだけネガティブになりがちですが
春にぱあっと地面から伸びてくる草花のように
力づよくたちあがるための助走だと思っています。


4月から、喫茶室のオープン日をふやすことにしました。
わけあって、昨年の春からお昼ごはんをだすのをおやすみし、
秋からは週末のみしかオープンもせずに、
どんどん、ろうそく夜をつづけていくことができない状況の中で
この春からはもう閉めてしまうかどうかまで考えていました。


でもお店をお休みにしているあいだに
いろんな方に、パンやお菓子のご注文をいただいて
出張喫茶やイベントによんでもらえて
いつも声をかけてもらって
おいしいといってもらえて、
これまでろうそく夜でしてきたことが
つながっていることに気づかせてもらいました。
いまは「つくる」ことが楽しくてしかたない。
そんな気もちに気づかせてもらえました。


いろんな気づきをかたちにかえていけるように
これからは、もっともっとこころをこめて
ろうそく夜をつくっていきたいなと思っています。


メニューががらりとかわるわけでも
内装がかわるわけでもなく
「今ここにあるもの」をたいせつに
だれかのよろこぶ顔をそうぞうしながら
気もちをつないでいきたいのです。


4月からは  火 水 金 土 あいている日
しまっている日はワークショップや、焼菓子の制作日とさせていただきます。

広告を非表示にする