女子会のあと。


ゆうべは気の張らない友だちたちとの女子会(新年会)だった。
このメンバーでの女子会は、お店ではなくいつも
お料理上手、おもてなし上手なよーこのお家でです。
お店で食べるよりもおいしく、よーこがつくるお料理を囲んで
よーこの作ったすきな器をならべて、
わいわい食べて、飲むのが、さいこうなのです!
いろんなお祝い事があったので、いつもはお酒しか持って行かないわたしも
豆乳クリームのいちごのケーキをつくった。
豆乳クリームというても生協で買った、ジャンキーな感じのホイップクリームのことだ。
でも味がおいしいのです。


いろんなお祝い事とは、
新年おめでとう会と
長い旅から帰ってきたトモエちゃんのおかえり会と
これから旅に出るあきちゃん行ってらっしゃい会と
お誕生日おめでとう(よーことまゆちゃん)会と
まゆちゃん婚約おめでとう会と
それとそれとー、、、
じゅんちゃんおしゃれだね会?
てな感じで、乾杯とハグをいつもより多くしたきがする。


ケーキの仕上げができなかったので
よーこのキッチンで(文句いわれながら)クリームをあわだてていたら
アメリがやりますというて、しあげてくれた。
アメリはわたしより10才くらい年下だが
佇まいがおねえさんなんだよな。
よく気がつくし、お酒がいっぱい飲めるし
なによりいつもきれいにしてる。(わたしにできない)


ひさしぶりにあつまったので
話は尽きることなく、ずっと夜中まで居りかった。
が、家族が居るなおちゃんとわたしは12時ごろにだんながむかえにきた。
でもいろんな話をしたなー
恋するはなしとか、結婚のはなし、
恋愛感だの性感だのエロスだの。
インドやバリの旅のはなしはとってもおもしろかった!けど
私は、みんなの爆笑するときの顔がほんとうにかわいらしい!と本当に思って
幸せな気もちでいっぱいになった。
みんなが爆笑するたびにぐっときた。
としをとって、涙もろくなったなーって30すぎた頃よくおもっていたが
最近は、涙もろさにくわえ
ちょっとしたことに「ぐっと」きてしまう。


そんなときにすきな歌のフレーズがうかぶ。
「一瞬のいま」という歌。


待雪草がさいた
十二の月のおくりもの
ま冬のなかの四月
ものみな春をうたう

一瞬のいまを千秒にも生きて
このうれしさを
胸にきざもう


「気の張らない」友だちというものはなんとも心地よいものだなーと
この女子会を重ねればかさねるほど、つよく思う。




happy new year

広告を非表示にする