読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べごと


岡田桂織さんの「さしすせそ料理教室」に参加してきました。
機会があればいつか行きたいと思っていた矢先、
みろく55のかよちゃん主催で、なんといいタイミングで
市場町で行われたのでした。
市場町のとても美しい山あいの場所で、
道に迷いながらたどり着いたのでした。


岡田さんのつくる料理は
野菜と雑穀を中心に、とてもシンプルなものでした。


つくったものは
大根葉のまぜごはん、
ヒエとさつまいものパンケーキ、
小松菜と春雨の梅あえ、
車麩とトロロのオーブン焼き。
使う調味料は「これ」というものを選んでいて
梅ぼしや味噌は手づくりだった。
パンチが効いていて、どれもとてもおいしかった。
素材や調味料を、たべる人を信頼していて
愛をかんじた。
見ならいたいことがたくさんあった。
つくったあと、食べながらしたお話もよかった。
食べることをきっかけとした活動をいろいろしているが
全体をみることがとても大切というお話。
ほんとうにそうだと思った。
食べることは大切。でも食べているのはからだだけじゃないということを
わすれてはいけない。
「なにを食べる?」「だれと」「どこで」「どんなふうに」
おかあさんとしてのわたしたちは、ついつい
「なにを」だけにとらわれてしまいがちだ。
でも、子どもたちに伝えたいこと、残していきたいことは
それだけじゃないよな。
またふんどしのひもを絞めなおした思いだ。



広告を非表示にする