読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしみは、おふろ。



寒いです、まいにち。
だんなはわたしのために、まいにち薪をわったり
木をもらいにいったりしてくれていますが
私はいつも冷えきっていて、さむさで動けなくなりつつある。


仕事のときは、あったかい飲み物を用意して
すこしだけしゃきっとして
そのときは集中して、さむさをはらいのけているけど
朝とか夜になると、もうダメです。


夜のたのしみはおふろ。
少し前まではゆずやすだちを浮かべたおふろに入っていましたが
さいきん友だちに、おすすめしてもらったのが
炭人さんの、木酢液
おふろにすこしだけいれたら
お湯がやわらかーくなって
薪のお風呂に入ったくらい、からだの芯まであったまる。
さら湯では、一気に乾燥してかゆくなっていた肌も
かさかさがぜんぜんなくなってしまった。
においが燻製ぽいのではじめはきになるけど
湯上がりのこのポカポカ感は、なにごとにもかえられないくらい
幸せなきぶん。
いろんなひとに「おすすめ」していたが
たいがいの人は、みな知っていた。けっこうメジャーだったみたい。


    > 炭人の木酢液

広告を非表示にする