読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとキャラクター

子育ての中でのキャラクターについて
自分なりの考えをまとめる機会があり、
確認するように、ブログに書きとめることにします。


個人的に、子育ての中にキャラクターをとりいれることは好みでなく
それってなんでかな?と考えてみると
わたしは、子どもには、自然とともに暮らすという
生活の体験をいっぱい感じてほしいという思いがあり
それとキャラクターのある暮らしがむすびつかないのです。


だから、生活に使う道具も衣服も、昔ながらの自然素材を使ったものが
とてもいいと思っていますし、そういうものは
子どもにもやさしいし、素朴で地味ですがあたたかみもあるし、
最後には、ゴミにもならない。
ただの「もの」ではなく、それも自然とともに暮らすということにつながります。


それでも情報がいっぱいの今の日本のなかで
キャラクターのない生活はむずかしいと思います。
キャラクターは、インパクトがあり子どもはたいてい惹き付けられます。
(もちろんそのためにキャラクターは生まれてきてるのだと思うし)
でも、それを阻止するのでもなく、
好感をもっているわが子を否定もしたくはない。
親にできることは、やっぱり先にも書いた
自然と暮らす環境をつくることと思っています。


バーンとわかりやすく即効性のある良さよりも
五感をいっぱい働かせて感じる
美しさや心地よさを伝えたいというのが親の思いです。
そういうことは、キャラクターとの関係という一面だけの話ではなく
人間関係の豊かさに、結びつくのではないのかな
とも思っています。
お金を出せば得られる幸せではない、豊かなものを
子どもたちに伝えていきたいなーと思います。

もちろん、リアルな生活の中では
キャラクターにお世話になることもあるし、
テレビも見るわが子。
でも、楽しいことは、ほかにもいっぱいあることを
知っている子たちだと思えるので、うまくつきあってゆけるのが
いちばんいいなーと思います。

広告を非表示にする