読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏やすみのおわり


夏やすみさいごの日曜日は、ようだい家で「川あそび大会&夕涼み大会」だった。
夏になると、うちの子どもたちは「自由なあそび場 ようだい家」に行きます。
ようだいはにこにこ市のなかま。神山に住んでいる。
ようだい家にいくと、ダイナミックな川あそびをしたり
みんなで薪でごはんをつくったりして、すごい楽しそう。
今年はふうたの友だちのかんたが沖縄からかえってきたとき
保育所のときのなかまをあつめて、子どもらだけで
ようだい家にあそびに行った。


ようだいは子どもとあそぶのを生業としていて、
子どもたちと、対等に、ほんきであそぶ。
わたしより年下なのに、わたしが子どものことでいろいろやきもきしていたら
「そういうときは、ほっとけばいいんだよ!」と強めの指導が入る。
子どもは、親の見ていないところでどんどん成長するということを学んだ。


この日曜日はかぞくみんなで行ったが、子どもたちがいつのまにか
すごくたくましくなっていた。
4才児のように「みよってよー」と言ったかと思うと
2階建ての屋根くらいの高さの岩の上から
川へジャンプ!
親だけとあそんでいたら、こんなことできないなーと思った。
私がこわがりなので「やめなさいー」と止めていただろうな。
たくさんのなかまやおとな、自然に育ててもらったことをすごくかんじる。




夕方からは、ようだいの家にもどって
夕涼み会。昼間よりもどんどん人があつまってきて
70人くらい来ていたそう。
そして、ごはんはみんなのもちより。
いろんな、季節のおいしいものがテーブルにならぶ。
さいごはライブ。
このごろは、関東のほうからたくさん神山や徳島に
移ってきてるかぞくがいるので、
知らない人もたくさんきていた。
楽しいじかんを、
みんなでいっしょにすごせてよかった。
こころからかんじた夜。


広告を非表示にする