3才の子どもの世界



3才の子どもの育ちに大切なことが記された文章にであいました。
あたりまえのことのようですが、子どもがそだつための環境づくりは
大切にしてあげたいなと思います。


ー(前略)
 3才になると着脱や食事などの生活する力も自立します。
急激に語彙も増え会話も豊かになり運動機能もしっかり発達していきます。
自己を持ち、大人に反抗したり、友だちとけんかをしたりとぶつかり合う時期です。
話し合って相手の意見も聞く中で、自分と同じように自己主張する相手がいることを
認識し、「譲る」「我慢する」「許す」「感謝する」など、集団生活に必要なことを
学びはじめます。


 日本では2〜3才に見られるこの時期を「反抗期」と呼び、親のいうことを聞かない
困った時期ととらえがちですが、欧米では「独立期」と呼んでいるそうです。
つまり親から独立するための時期ととらえているのです。この時期の自己主張が十分
発揮されてこそ、やがて4才半頃の「いやだけれどもやってみる」という自制心につな
がっていきます。
親や周囲の大人の言うことを聞く「いい子」は自分で考え行動する力が育ちにくいのです。


 3才という年令はほとんどの子どもが幼稚園や保育園生活に入る時期でもあり、親も
「うちの子」と「よその子」を比べたり、「3才では遅すぎる」と早期教育をあおる
育児情報に振り回されがちです。
しかし子どもの育ちには順序性があります。「できる、できない」や、目に見える結果
ばかりにとらわれず、身体の育ちや言葉、仲間との関わり、生活する力などを1つひとつ
積み上げていくことが大切です。保育園や幼稚園では、子どもたちが五感(触覚、聴覚、
臭覚、視覚、味覚)を使って遊び、友だちと「おもしろかった!またやりたい」と思える
ような生活を大事にしています。
3才の子どもの世界は、生活や遊びをとおして仲間と楽しさを共感する中で豊かになって
いくのです。ー


                   (2011年 保育カレンダーより)



わが子は今まさに、黄金の3才児。
生活の中で、やりたいこと、できることは
やらせてあげたいなーと思います。
ただひとつ、
ムギの育ちをジャマするもの、父ちゃん(だんな)の甘やかし攻撃だけを
なんとか阻止しないと。。

広告を非表示にする