サンタさんへ

昨年のクリスマス、とうとうふうたに
「おれはサンタさんの正体はもう分かった
もうウソつかんでええ」と
きっぱり言われた。
そうとうショックだったわたしはうろたえて
かえすことばもなかった。
あのときのどうようとか、あせりを今でもおぼえている。


が、しかし


今年10才になったふうたは
去年のことなんて全くおぼえてませんといったかんじで
「かあちゃーん、おれほんもののサンタさんに手紙かく!」といって
どこで情報を仕入れたのか
インターネットで「サンタクロース 住所」と検索し
自分で、エアメールを書いて(内容はたぶん日本語)
フィンランドに手紙をだした。
切手を買いに行かされたのはわたし。
フィンランドまでエアメールをだしたいので切手をください」
といったら
気をきかせた郵便局の人が、
めっちゃ和風のキモノ着た女性の絵が描いてある切手を
だしてくれた。
サンタさん喜ぶわーきっと。


ふだん手紙なんか書かないふうたは
住所かくとこに、サンタさんの絵をかいた。


ふうたはどうしても、信じたいのでしょう。
もとい、
どうしてもプレゼントがほしいのでしょう。
しかし、内容を親に見せなかったふうたは
去年のオセロにつづき
欲しいプレゼントはもらえないのでした。
それにしても
このサンタさんの絵、めっちゃかわいくないですか。


10才のつぶやき


「おれ、サンタさんは信じるけど 空飛ぶトナカイはなんか信じれんのよなー」

広告を非表示にする