広木克行氏 講演会のお知らせ

子育ては
楽しみながら
ゆっくり手間をかけなければ
できないものです
        
              広木克行




写真の本、「子どもは紫の露草」にのっている
わたしのだい好きな言葉です。
挿絵もかわいくて、
お母さんが、目玉焼きをフライパンからおとしていて
それを子どもたちやだんなさんが
「あ〜あ」というかおをして見てるという挿絵なんですが
この言葉と絵が、まさに自分の子育てをうつしているようで
「失敗してもいいんだよ」とわたしにいってくれている感じがするのです。


HPでお知らせしています、広木克行さんの講演会を
子育て仲間とともに実行委員会を立ち上げ、
主宰することになりました。
広木先生は、いぜんにもホームページなどでご紹介させていただきましたが
チルチンびとKIDSなどの監修もされている方です。
わたしの子育てをおおきく変えるきっかけになった方です。


今、子育ての情報はあふれていますが、
子どもがふつうに育つ環境がなくなってきているのも
多くの親が感じていることだと思います。
人にやらされるのではなく
自分の信念で、考えて生きていってほしい。
自分のもっている力を活かして
こころもからだも育ってほしいな−と思います。


それでも、慌ただしい日々の中では
ついつい子どもを、他の子とくらべてしまったり
できていないことをつついて言ってしまったり
期待をおしつけたりすることもしょっちゅうです。
あたまで分かっていても、なかなか子どもを
信じてまかせてみる、待つことが難しいとかんじる
今日このごろ。。。


でもそんな自分を責めるのでなく、
自分にできることはなにかな?と
子育て仲間どうし、考えてみたり、確認しあったりする場があるだけで
親はすくわれるように思います。
(私がそうだったので)
この講演会が、そんな場になればいいなーと思います。


と き  11月21日(日曜日)  13:30〜(13時開場)
ところ  藍住町役場4階コミュニティセンター
参加費  500円 
託 児  要予約(ろうそく夜にてうけつけています)お子さんおひとり300円(保険、おやつ代)


広木先生について詳しくはこちら

チルチンびとKids 2009年 10月号 [雑誌]

チルチンびとKids 2009年 10月号 [雑誌]


チルチンびと増刊 チルチンびとKids 2010年 11月号 [雑誌]

チルチンびと増刊 チルチンびとKids 2010年 11月号 [雑誌]

広告を非表示にする