ほんもののうた


楽音楽日の愛ちゃんはまだ高校生なのだけど
中学生のころからギターを弾いていて
その唄がとてもよいのです。
にこにこ市でいっしょにお店をだすようになったころから
愛ちゃんのことを知ったけど
高校生なのに、わたしよりもずっとおとなみたい。
話をすると、愛ちゃんのほうは
わたしのことを中学生以下にみているよう。
そしてわたしも、そんな(中学生以下の)気分を素直に味わう。


愛ちゃんの唄は生で聴くのが絶対いい。
それも外で。
こんな贅沢はない、というくらい
きいていてこころが浄化される感じ。

そして彼女は遊びの天才。
いつでも、どこでも一生あそぶ人だ。

いつか、愛ちゃんの母に
「どうしたら、あんな素敵な子に育つんですか?」
と聞いたら
「本物を見せて来ただけよ」と言っていた。
すごーいざっくりした答えだなとも思ったが
なるほどと思い、こころにすとんとおちた。
ほんものの暮らし、ほんものに出あう日々。
それが、人生をつくっていくんだなと思う。

                    楽音楽日

広告を非表示にする