TABI食堂の思いで

今回で2回目となりました。 ろうそく夜にTABI食堂、ささたくや氏がきてくれました。 新しい場所でのTABI食堂、とても素敵な時間でした。。。 写真もたくさん撮りましたよ。 今回すべて予約制にさせていただきましたが ほぼ満席で、たくさんの方にTABI食堂を…

余韻

いまだに余韻にひたってる。 そうとうたくさんのものをいただいたのだと思います。 日曜日、 わたしはたくさんのエネルギーというか 愛のちからを、こころにまけまけいっぱいもらいました。 かねてからファンだったphokaちゃん。 ファンというても実際にライ…

温度

きっとだれもが無意識に まわりの人にこころ大きくうごかされて 生きてる。 あたたかい 陽だまりのようなこころは まわりの人もあたたかくし その人はまた その隣のひとをあたためる。 つめたく冷えたこころで 表情もなく、 感謝のないこころでいると それも…

春がすぎる

移店オープンして、バタバタしている間に 春休みがおわっていました。 桜の花もあっというまだったけど ことしはお花見を充分たのしむことができた。 そしてこれからも。 この春は、長男ふうたが高校受験で お店の改修や引越しと 入試の時期とががっつりかさ…

デッキテラスと完成パーティー

お店の前に、大きなデッキテラスができました。 こちらのテラスを作ったのは 友人である、五名(ごみょう・香川)に暮らす 大工のゆうくん。 ゆうくんは今鳴門の友だちの古民家をリフォーム中で 日々鳴門にかよってきているので そのタイミングをつかまえて …

サロンのこと、百草でのこと

サビサビで安藤明子さんのサロンの取り扱いがはじまったのが 10数年前。 そのころから、わたしもたくさんもってないけど 定番のものを今でも好きで履いている。 出来上がったデザインの洋服を着るのとちがい その布を色や素材をくふうしてかさねて、 紐で結…

名古屋さんぽ

安藤明子さん のサロンの本が 昨年末に出版されて、 わたしサロン好きなので ちょっこしおまけみたいにのせてもらったご縁で 明子さんの営むギャルリ百草さんでの サロン展のはじまる前夜にひらかれた内覧会に おじゃましに 岐阜まで行ってきました。 心強い…

大かぞく

わたしは2人きょうだいで育ったから 今のかぞくはわたしにとって大かぞくだ。 (まだすくないほうかな?) 子どもの年齢幅がひろいのも わたしが育ってきた環境とちがい ふしぎな感じがある。 4人のこどもを授かり子そだてすることは わたしのキャパを無視…

たべることのはなし

ここ2年くらいのなかで ゆるやかにかわってきたなあと思うことは わが家のごはんのこと。 たべることにたいする見方というか。 すこし前まで、わたしがつくっていた。 時間におわれながら 苛々したりしながら。 あまりたべないうちの子どもたちに せっかく…

ゆたかな暮らしのはなし

ずいぶん歳をかさねてきたのですが あんまりおとなという実感もまだ(いつかはある?)無く 子どもを4人育てているという実感もまだない。 30才くらいまでは、物質的なものが欲しかった。 豊かな暮らしのために必要な 家や生活道具が欲しい。 一生大切に…

冬やすみ

あけまして おめでとうございます。 あっというまに新年も5日が過ぎました。 年末年始は、うちの家族みんな からだの大そうじをしているような感じで 熱が出たり、セキや鼻水が出たり 浄化しているようでした。 わたしは毎年恒例の 冬ごもりで コタツをだし…

学校ってなんだ、のつづき

中学校に行かなくなったハネタにたいして なんとか行けるように、、とはわたしは思わなかったし 今も思ってない。 それよりもまず、ああやっぱりなと思ったし それは、「あちゃー」という感じよりも 納得したというか、ほっとしたような気もち。 中学校はほ…

お店移転のはなし

すこし前から、お店の移転のじゅんびをしています。 10月のおわりにはできるよーなんて 会う人には話していたのだけども そんな予定どおりにはいかず まだ今、これから工事がはじまるよーという段階です。 年末をはさむし、いつになるかはまだ未定。 ろうそ…

仕事ってなんだ

きのう、高校のころからの友だちが来ていて話していたら 仕事の話になった。 彼女の職場はとてもよくて、仕事が楽しいんだそう。 なにがよいのかというと、そこではいつもみんなが笑っていて 笑い死にするんちゃうかっておもうくらい「ずっと笑いよる」らし…

学校ってなんだ

2学期からほとんど中学校へ行かなくなったハネタ。 中学生になって、みんなと同じ給食ではなく お弁当を選択した地点でそうなる予感があった。 わたしから見て、ハネタは学校に「行きたいのに行けない」 というのではないようだ。 「行きたくない」というと…

趣味ができたの巻

おっと ブログが夏のままでとまってた。 ことしもあと2ヶ月もしないうちにおわる。 ことしのはじめに、自分だけの日記に 今年やろうと思っていること やりたいことを書き出したのだけども そのなかに、楽器をやるというのがあった。 家族とか、友だちが集ま…

保育園でかき氷

ミッション終了! 今日は日々たの通う保育園より、 子どもたちに安心して食べられる 本物のかき氷を食べさせたいとの うれしいオファーをいただき 出張かき氷やとなりノコノコでかけていきました。 お天気もくもり空からどんどん晴れていき、 すばらしいかき…

ちいさい子どもの暮らし

ヒビタが保育園へ行きはじめて2ヶ月がすぎようとしている。 今までうえの子達が通っていた共同保育所へではなく ちかくの認可保育園。 はじめは、とても悩んだ。 共同保育所へは8年も通ったし、 あの素晴らしい木の園舎は建てるところからかかわったし、 …

ミライの学び舎

3日間のリトリート「みらいの纏う 食べる からだみつめるのひ。」 淡路島の素敵な貸別荘にて 2日目の夕食、どいちなつさんの「季節の台所」、お手伝いしてきました。 会場はまだ、お昼のささたくやくんの 「料理をしない料理教室」中。 まずは朝から別の場…

喫茶室より

長らくお休みをいただいておりましたが 今月11日より、喫茶室を再開します。 ちょくちょくお休みをいただいてしまい、 大変ご迷惑をおかけいたしました。 あいかわらずのマイペースで 喫茶室もボチボチとはじめたいと思います。 日々太も、楽しそうに保育園…

いまここに

子どもを育てる環境に身をおいてから 気になる子とか、発達障害、学習障害など ちょいちょい耳にするのはわたしだけではないとおもう。 そしてそのことをくわしく知ろうとすればするほど 「これはわたしのことだ」とおもうときがあった。 9年間の義務教育の…

毎日おべんとう

はねたが中学生になり、毎日お昼はお弁当を持っていくことにした。 中学校は小学校とおなじで給食があるのだけど はねたはいろいろあって(いろいろではないけど) 小学校のあいだ、ほとんど給食をたべなかった。 たべられないというより 自分の意志でたべな…

おもいをつたえる

笑うとか泣くことで 「じぶん」をあらわしていた時期をこえ 1才をすぎる今、 いやだ!とまるでことばにするように 首をよこにおおきくふる。 すきなごはんを口にもっていったときは いっぱいほしいから、いっぱいいれて!と言わんばかりに あああ〜ん!!と…

1さいのたんじょう日

人生初バースデーケーキは豆腐ガナッシュのロールケーキ。 おなかがはりさけるほど食べたいちにち ひびたがうまれてきて、1年がたちました。 桜の花が咲きほこる 1年まえのこのころ、 家族だけにみまもられて ひびたは わが家にきてくれました。 あのとき…

春になってからのおもい

毎年おなじようで、やはりいつもとはちがう春がきました。 まえの春は、かぞくがまたひとりふえました。 それからこの1年、ほんとーうに 長かったようで、あっという間で、 しんどかったようで、とてもたのしくて、 ほんとうにほんとうに ただひたすら、や…

臨時休業のお知らせです

子どもが体調不良により、2月の喫茶室は臨時休業とさせていただくことになりました。 大変ごめいわくをおかけしますがよろしくお願いします。 3月からの予定はちかじかホームページにてお知らせいたします。

TABI食堂のこと

水がながれるように、 時間がながれている。 子どもたちはどんどん大きくなるし 奇跡のような すばらしい日々は とどまることなく 手のひらからこぼれおちる。 わすれてしまわないようにと 日々のかけらをひろいあつめて ここに残しておきたいのだけど その…

広木克行さんのはなし

子育ての心は 花を育てる心に似ています 美しい花を早く見たいからといって 自分の想いのままに すこし出かかった花の芽を 指で引っ張って伸ばそうとしても 花は決して育ちません 本当の花を咲かせる前に 根こそぎ引き抜くような子育てを していないといえる…

わたしのミシン

去年くらいから、わたしのミシンの調子があまりよくなくて 縫いものへの意欲がうすれつつあった。 それでも、手縫いというよさも知っているのでなんとなく ちくちくはしていたのだけど やはり、服とかぬうときは ミシンがなあ、、、 と、いうかんじで あたま…

おへそ塾のこと1

9月とばして10月になりました。 「ともちゃんのブログ、お盆で止まっとうよ」 と、ひとに言われるまでブログの存在をわすれてしまっていた。 まいとしまいとしいうているが わたしのいちばんすきな季節。 1年のなかで、じぶんにとっていちばんあたまが冴え…