子ども

つれづれノート

朝おきたら10時すぎていた。 お正月休みがもどってきたような日曜日。 ふとんの中でひとりぐずぐずしている幸せ。 先週からつづき、ぐずぐずのクセが抜けていない。 ムギはきのうから友だちの家へ泊まりに行っている。 あとの子どもたちはとなりの部屋でたぶ…

母ちゃんの会

選挙結果におちこんで、クヨクヨした月曜日だったけど 寝たらすっかり気もちは前に向いた。 ここから得たことも、学びも、たしかにある。 わたしの人生はまだつづいていくし、できることが広がったような気もち。 とおくにいる友だちの声も、近くにいるよう…

そだつということ

ことし年長のムギ。 3人きょうだいの末っ子ということもあって 生活全般を愛嬌だけできりぬけてきた女。 しかし、もう目の前に就学があり 保育所では最年長。 しかも年長クラスは6人という小さい集団。 これまでは、自分ができそうもないことや ちょっとめ…

秋のはじまり

秋になり、みじかく髪をきった。 「うわームギちゃんみたい」 と言われるのはほめ言葉ではないなとわかりつつも 若返ったきぶんでひそかに気に入っている。 さて、秋になり 私はまいとし恒例のオッサン声のかぜをひき 子どもは熱をだしたり喘息がでたり。 ム…

子どもは自然のなかでそだつ。

夏のおわり。 集中してしあげた絵。 「なつのおもいで」 毎年思うこと。 夏は子どもが成長する。 今年のわが子は しょっちゅう川にでかけていっては ひたすら飛び込みの練習。 低いところから どんどん高いところまで。 去年まではライフジャケットを着てい…

夏の子ども

携帯電話をスマートフォンにしたせいか、ブログの更新に時間がかかる気がしてしまい なかなかゆったりとパソコンに向かうことができなくなっている。便利なことが恐ろしい早さで私の中に入ってきて これまでできていたいろんなことが難しくなってきている。 …

ずるずる、バタバタ、どっきどき

FacebookやらTwitterやらではつぶやいていたのですが 先週からはねたが急な喘息の発作で入院してしまい 私は仕事や予定が完全にくるってしまい 気もちを切り替える間もなく バタバタとやりすごしていました。 はねたの入院は今回で10回目らしい(本人調べ…

Tシャツアート展

高知の黒潮町という町の浜辺で Tシャツアート展があり、行ってきました。 毎年友達が出展したり、出店したりしてるので ウワサには聞いていたが 1000枚以上のTシャツが砂浜で 洗濯物のごとくひらひらとゆれているさまは壮観で わが子の作品をさがすのに…

わくわくのとびら?

モロッコから、ワランワヤンのかわいいかごが届きました。 革の持ち手の感じも、かたちも、すごくかわいいです。 浅くて四角いのはスリッパをいれてもいいし ピクニック用にしても、きれいにものがおさまるので すごく便利です。 写真以外にもワンハンドルの…

目に見えないもの

きゅうにおもいたって、子どものふくをつくった。 ムスメからはさらにリボンを4つほどつけるようにと注文されたけど それもなあと思い、 しばらく部屋につるしておいて いい妥協点が出たら、なんかしてみよ 子どもの「こうしたい」きもちもだいじにしたいし…

クリスマスツリー

ふうた(11さい)に 「かあちゃん、サンタさんへの手紙書いといてほしい?」 と聞かれました。 さいしょ、どういうこと〜? と思ったのですが すぐにわかりました。 この言葉は、「かあちゃん」ではなく サンタさんへのメッセージだったのでしょう。 毎年う…

子どもとキャラクター

子育ての中でのキャラクターについて 自分なりの考えをまとめる機会があり、 確認するように、ブログに書きとめることにします。 個人的に、子育ての中にキャラクターをとりいれることは好みでなく それってなんでかな?と考えてみると わたしは、子どもには…

夏やすみ

夏やすみがはじまる数日まえに、 小学生の子をもつお母さんたちが いろんなところで、あいさつのように 「じごくの夏やすみがやってくるなー」といっていました。 今の瞬間しか生きていないわたしには なんのことだっけ?とイメージがわかなかったけど はじ…

自然のなかの子ども

佐那河内のあっこちゃんの家に家族でお泊まりしてきました。 この日は保育所の4、5才児クラスみんなによびかけて 大所帯でおしかけたのです。 あっこちゃんちは佐那河内の山のてっぺんで 家のまえからの見晴らしは、絶景。 家は500年ちかくにもなる古民…

クラスノートのこと

今日学校からはねたのクラスの「クラスノート」がまわってきました。 担任の先生が、クラス運営の様子を日記のようにまとめたノートで 毎日順番に子どもたちの家庭にもまわして、保護者もコメントをかきこんで、 交換日記のようになっています。 「係活動は…

いいセンセイやな

思春期に片足をつっこんだような長男。 担任のセンセイが、人生初の男のセンセイで、最初のころは 「センセイ、いっつも怒っとる」とか言って 担任にたいする評価はわりと厳しめだったふうたが めずらしく、「今日センセイおもっしょかったぞー」と 楽しそう…

ハンコつながり

(KESHIHAN洞のJ子がすきそうな)かわいいどうぶつの木のハンコが入荷してきました。 どれもかわいくて、J子でなくてもみるたびにこころがキュンキュンします。 きっとファブリックとかのプリントにつかわれていたんじゃないかしら。 そしてハンコといえば…

ろうそく夜のかんばん

はねたがとつぜん、 「おれ、ろうそく夜のかんばんつくりたい」 と言いだしまして、 わたしが晩ごはんのかいものに行っている間に とうちゃんとつくった。 日々のなかで、どんなにいそがしくても 「これがやりたい」という子どもの思いを できるだけ、やらせ…

似てる〜

3月になるので あわててお雛さまをだしました。 いつも思うけど。。。 この豆雛さんたち、わが子(ムギ)にそっくり!! 話はかわって。 広木先生の講演会のDVDを見る会をしました。 11人もの参加があり、皆でお茶をのみながら 子育ての話をききました。 …

子育ての会

28日の定休日のろうそく夜で 子育ての会をひらきます。 講演会のDVDをテレビでみるだけなんだけど なんやかんやと、たくさん来てくれそうで はりきりだしたわたし。 ろうそく夜は現実逃避したいひとがあつまる店。 などといううわさもちらほらー。 でもで…

子そだての会

4年前に開催した 広木克行講演会のDVDをみる会を ろうそく夜で行ないます。 広木先生の話は 子どもの育ちにとって 大切なこと、あたりまえのことを とてもわかりやすく あたたかく話してくれます。 親にとっても、受けとめてもらっているような 安心感があ…

ゆきの日

きのうは数年ぶりに、うちのまわりに雪がつもりました。 学校からかえった子どもたちは、さっそくぼうしやマフラーをそうちゃくして、 くろいたゴローになって、 「ゆきあそび」やってくるー!!ととびだしていきました。 わたしが子どものころから寒いのが…

3才の子どもの世界

3才の子どもの育ちに大切なことが記された文章にであいました。 あたりまえのことのようですが、子どもがそだつための環境づくりは 大切にしてあげたいなと思います。 ー(前略) 3才になると着脱や食事などの生活する力も自立します。 急激に語彙も増え会…

子どものつぶやき展がおわりました

「子どものつぶやき展」と「リスとボタン展」がおわりました。 期間中、子育て中(と思われる)の方が チラシを見て、友だちづてに聞いて、ホームページを見て、 ほんとうにたくさんたくさん、来てくださいました。 ふだんのゆっくりしたろうそく夜も ちっと…

冬ヤスミの子どもたち

2学期の図工でつくった船が この冬の店のディスプレイになっている。 意識してかしてないのか 子どもたちの作品が、母ちゃん好みの「渋い」テイストになっていて 店においてもしっくりとなじんでいる気がする。 これは細い角材をのこぎりで切って、釘とボン…

子どもの居場所

学校や保育所がヤスミの日は、子どもたちはたいてい店にいる。 平日は静かなろうそく夜ですが、子どもたちがいる店は もう「店」ではなく「家」という感じ。 たいていサッカーの練習にいくので、居る時間は短いけど その短い時間をどう楽しく過ごすかが、彼…

ムギのつぶやき

肩のあたりをさわりながら ムギ「こんなか、ほねがはいっとんじょ。いしじゃなかったんじょ」 (去年までは石がはいっていると言っていた) 母「ほねって、よう知っとんな」(よく知ってるね) ムギ「さかなにもほねはいっとんよ」 母「ああ、さかなにもほね…

サンタさんへ

昨年のクリスマス、とうとうふうたに 「おれはサンタさんの正体はもう分かった もうウソつかんでええ」と きっぱり言われた。 そうとうショックだったわたしはうろたえて かえすことばもなかった。 あのときのどうようとか、あせりを今でもおぼえている。 が…

きのうのしんぶんに

きのう(12月4日)の徳島新聞の暮らしのページに 先日の広木先生の講演会のことがくわしく掲載されています。 当日来られなかった方にも、わかりやすく お話されたことの要約が、デカデカと。 取材して下さった記者さんも、子育て中のお母さん。 記事には、…

講演会ほうこく

チョコレートのおいしい季節になりましたねー すっかりご無沙汰していました。 先週から、声のでない風邪をひいてしまい、 体力のない日々を過ごしていました。 ようやく復活です。 先週は、臨時休業を2週連続してしまい、ご迷惑おかけしたことを お詫び申…