子ども

こころの土台を育てるはなし

子どもの自己肯定感や自信て どうやったら育つのでしょう。 「このままの自分でオッケー」 「どんなことがあっても自分は大丈夫」 という安定したこころの土台。 なにかひとつ得意なことをつくるとか 小さなころから習いごとをさせて 自信をつけさせるとか …

春のひまわり学校

「春のひまわり学校」を開催しました。 ひまわり学校は、実行委員会から立ちあげて 学童期の子どもたちの育ちのために 親と先生が頭をつきあわせ やりたいことを話しあい 学びあいながら 手間と時間をかけて作る 課外授業のようなイベントです。 今回の春ひ…

性を学ぶ会のこと

性教育を学ぶ会に参加してきました。 すっごくいい会だったので、帰ってからだんなにも お酒飲みながらしゃべってしゃべって さらに話は深まって広がって よき日でした。 性教育は、5教科を教えるくらい大切なことなんだそうだけど 会が終わるころには、納…

かりもの

子育てはやがて終わるということを実感してから このごろよく思うことは 人生はすべて借りものなのかもしれないということ。 子どもを育てることは 自分の子を育ててるんじゃなくて 育てさせてもらってるのかもしれないな と思うようになった。 いつかそのう…

新しい場所に

この間の子育て講演会で聞いたお話に つまづいた子どもが、自分で立ち戻るための三つの条件というのがある。 1、自分を信じてささえてくれる人がそばにいること 2、どんなことがあっても私は大丈夫、と自分を信頼していること 3、余裕があること このことを…

子どもの発達をまなぶ

子育ての楽しさってなんでしょう。 子育てしてても まだ楽しめるとこまでは いかないです、って 赤ちゃんを抱っこしているお客さんが話していたことが ありました。 きのうのことですが、 上の子たちが通っていた保育園が主催の 子育ての講演会があったので …

春がすぎる

移店オープンして、バタバタしている間に 春休みがおわっていました。 桜の花もあっというまだったけど ことしはお花見を充分たのしむことができた。 そしてこれからも。 この春は、長男ふうたが高校受験で お店の改修や引越しと 入試の時期とががっつりかさ…

大かぞく

わたしは2人きょうだいで育ったから 今のかぞくはわたしにとって大かぞくだ。 (まだすくないほうかな?) 子どもの年齢幅がひろいのも わたしが育ってきた環境とちがい ふしぎな感じがある。 4人のこどもを授かり子そだてすることは わたしのキャパを無視…

たべることのはなし

ここ2年くらいのなかで ゆるやかにかわってきたなあと思うことは わが家のごはんのこと。 たべることにたいする見方というか。 すこし前まで、わたしがつくっていた。 時間におわれながら 苛々したりしながら。 あまりたべないうちの子どもたちに せっかく…

ゆたかな暮らしのはなし

ずいぶん歳をかさねてきたのですが あんまりおとなという実感もまだ(いつかはある?)無く 子どもを4人育てているという実感もまだない。 30才くらいまでは、物質的なものが欲しかった。 豊かな暮らしのために必要な 家や生活道具が欲しい。 一生大切に…

学校ってなんだ、のつづき

中学校に行かなくなったハネタにたいして なんとか行けるように、、とはわたしは思わなかったし 今も思ってない。 それよりもまず、ああやっぱりなと思ったし それは、「あちゃー」という感じよりも 納得したというか、ほっとしたような気もち。 中学校はほ…

学校ってなんだ

2学期からほとんど中学校へ行かなくなったハネタ。 中学生になって、みんなと同じ給食ではなく お弁当を選択した地点でそうなる予感があった。 わたしから見て、ハネタは学校に「行きたいのに行けない」 というのではないようだ。 「行きたくない」というと…

保育園でかき氷

ミッション終了! 今日は日々たの通う保育園より、 子どもたちに安心して食べられる 本物のかき氷を食べさせたいとの うれしいオファーをいただき 出張かき氷やとなりノコノコでかけていきました。 お天気もくもり空からどんどん晴れていき、 すばらしいかき…

ちいさい子どもの暮らし

ヒビタが保育園へ行きはじめて2ヶ月がすぎようとしている。 今までうえの子達が通っていた共同保育所へではなく ちかくの認可保育園。 はじめは、とても悩んだ。 共同保育所へは8年も通ったし、 あの素晴らしい木の園舎は建てるところからかかわったし、 …

いまここに

子どもを育てる環境に身をおいてから 気になる子とか、発達障害、学習障害など ちょいちょい耳にするのはわたしだけではないとおもう。 そしてそのことをくわしく知ろうとすればするほど 「これはわたしのことだ」とおもうときがあった。 9年間の義務教育の…

毎日おべんとう

はねたが中学生になり、毎日お昼はお弁当を持っていくことにした。 中学校は小学校とおなじで給食があるのだけど はねたはいろいろあって(いろいろではないけど) 小学校のあいだ、ほとんど給食をたべなかった。 たべられないというより 自分の意志でたべな…

おもいをつたえる

笑うとか泣くことで 「じぶん」をあらわしていた時期をこえ 1才をすぎる今、 いやだ!とまるでことばにするように 首をよこにおおきくふる。 すきなごはんを口にもっていったときは いっぱいほしいから、いっぱいいれて!と言わんばかりに あああ〜ん!!と…

1さいのたんじょう日

人生初バースデーケーキは豆腐ガナッシュのロールケーキ。 おなかがはりさけるほど食べたいちにち ひびたがうまれてきて、1年がたちました。 桜の花が咲きほこる 1年まえのこのころ、 家族だけにみまもられて ひびたは わが家にきてくれました。 あのとき…

広木克行さんのはなし

子育ての心は 花を育てる心に似ています 美しい花を早く見たいからといって 自分の想いのままに すこし出かかった花の芽を 指で引っ張って伸ばそうとしても 花は決して育ちません 本当の花を咲かせる前に 根こそぎ引き抜くような子育てを していないといえる…

子どもの衣

今週の喫茶室 30日(水)と1日(金)です。 お昼ごはんあります。 子どもの服は、ほぼお下がりを着せている。 ひびたが生まれるときも、たくさんのお下がりの産着をいただいた。 真っ白なダブルガーゼや、フライスの肌着。 白くって、新生児っぽくて、あっと…

保育所のはなし

うちの3人の 子どもたちは 幼児期を「共同保育所」ですごしました。 保育所はもともと 共働きで子どもを家で見られない家庭が 「預かってもらう」場所としてはじまったものだけれど この「共同保育所」は ただ、あずかって見ててもらう保育ではなく なかま…

新月でした

あたらしい、小さなかぞくをむかえて 新月をひとまわりしました。 ながかったような あっというまだったような ひと月。 小さなひとがいる生活は うまれてくるひと月まえとくらべると まったくちがったものになる。 これまでの暮らしの延長では決してなく 今…

4月になり

ご報告 4月4日のお昼ごろ わが家におとこのこが うまれてきてくれました。 いろいろあって(とくにないけど) お家でうまれたので 家族だけで、 ゆっくりと ゆったりと、 あたらしい 小さい小さい家族を むかえることができました。 まいにち、 この小さない…

新月

予定日を3日すぎた。 毎朝3時ごろめざめる。 陣痛の気配もなく、おしるしもなく、 がっかりする。 春休みが1週間すぎて、とくに出かけもしないので 子どもらが無邪気に「陣痛まだかー?」と 聞いてくることに 笑って返せない。 今日は新月。 うむならこの…

休日

ろうそく夜喫茶室はおやすみに入りました。 すこしづつ、あたらしい家族をむかえる準備をしています。 今日は天気がよいので、 おむつをたくさん干しました。 ありがたいことに、 おむつやあかちゃんの産着 いろんな方からたくさんいただきました。 感謝。 …

つれづれノート

朝おきたら10時すぎていた。 お正月休みがもどってきたような日曜日。 ふとんの中でひとりぐずぐずしている幸せ。 先週からつづき、ぐずぐずのクセが抜けていない。 ムギはきのうから友だちの家へ泊まりに行っている。 あとの子どもたちはとなりの部屋でたぶ…

母ちゃんの会

選挙結果におちこんで、クヨクヨした月曜日だったけど 寝たらすっかり気もちは前に向いた。 ここから得たことも、学びも、たしかにある。 わたしの人生はまだつづいていくし、できることが広がったような気もち。 とおくにいる友だちの声も、近くにいるよう…

そだつということ

ことし年長のムギ。 3人きょうだいの末っ子ということもあって 生活全般を愛嬌だけできりぬけてきた女。 しかし、もう目の前に就学があり 保育所では最年長。 しかも年長クラスは6人という小さい集団。 これまでは、自分ができそうもないことや ちょっとめ…

秋のはじまり

秋になり、みじかく髪をきった。 「うわームギちゃんみたい」 と言われるのはほめ言葉ではないなとわかりつつも 若返ったきぶんでひそかに気に入っている。 さて、秋になり 私はまいとし恒例のオッサン声のかぜをひき 子どもは熱をだしたり喘息がでたり。 ム…

子どもは自然のなかでそだつ。

夏のおわり。 集中してしあげた絵。 「なつのおもいで」 毎年思うこと。 夏は子どもが成長する。 今年のわが子は しょっちゅう川にでかけていっては ひたすら飛び込みの練習。 低いところから どんどん高いところまで。 去年まではライフジャケットを着てい…