ひとりごと

秋の匂いがする

ろうそく夜は2人がけのテーブルが4つ。 今日はそれぞれのお席に、お客さんがひとりづつ。 (小さな子連れの方もいるんですけど) それぞれのお席で、それぞれの時間をすごしていて たとえばひとりめの方はお茶を飲みながら、ものおもいにふけってみえて、 …

しまんと日記

夏の終わり、高知の四万十に友だちにあいに行ってきた。 yumahare(ユマハレ)という屋号で手縫いで洋服を仕上げたり、繕いものをしたりする井上香織ちゃんの暮らす家。 香織ちゃんとのおつきあいはなんやかんやですでに長く、ろうそく夜でも、古いセーター…

おやのわ、はじめました

ことしは梅雨のはじまりがおそかったので 夏が来るのがおそい氣がする。 まだ蝉の声もあまり聞いてない。 ろうそく夜でときどき、「かあちゃんの会」という お母さんのしゃべり場みたいなものを主催している。 子育てのこと、子どものこと、母としての「わた…

子どもの居場所を台所に

ひびたと買いものに行ったとき 「あっ みずな!今日これ買おう、みずな!」といってみずなを持ってきた。 わけを聞くと、給食に出たらしい。 水菜ときゅうりと小松菜と人参をなんかお料理したのがでて、とってもおいしかったんだそうだ。 でもその日わたしは…

メガネを変えるってこと

わたしが、子どもと子育てから学んだことのひとつに「メガネを掛け変える」ていうのがある。見方を変えるということなのだけど、わたしはこれにきづくまでにずいぶんと時間がかかった。 そもそもわたしは、とにかく思いどおりにいかないとイライラと腹を立て…

ワーク ライフ バランス

わたしはやっぱり、絶妙のバランスでやっている。自画自賛するけど。 わたしの店は、小さな小さな店なので、10食だけしかつくらないごはんも、1種類のおやつも、閉店ごろにはちょうどいい売り切れかたをしていて、いつも「すこし足りない」か「すこしあまる…

子どものおもい、親のおもい。

認めあい、尊重しあうっていうことが、40代になってようやくわかってきたわたしは、それまでの人生、エゴだらけだった。 こうしたい、こうでなければに凝り固まった10代20代は、人を見るのも上か下か。こころを許した友だちでさえも、自分と比べてどうか?と…

子そだてはほんとに終わる

きのう、久しぶりに家族でごはんを食べた。 この春高校を卒業する長男のふうたが 夕方ひょっこり帰ってきて、晩ごはんを食べて帰ることになった。 ふうたは高校に入った時に家を出た。 少し離れた町の、わたしの実家で、祖父母と一緒に暮らしている。 わたし…

星の坊主さまのおはなし会💫

先週は、星の坊主さままつりでした✨ 参加されていない多くの方々からは 「星の坊主さまって、アレなんだったん?きになってたんよ〜〜」と言われ 少なからず反響はあったと思います。 わたしの説明不足で、申し込みに至らなかった方もいたと思います。。。 …

長ーい、ひとりごと

お店をしていていつも思うことがある。 わたしはプロではない。 いや、それ言うてる暇があったらプロになれよ!という叱咤の言葉が聞こえてきそうですが、スルーします。 素敵な喫茶店やカフェなどに行くと、その仕事っぷりに、さすがプロやなーと心から尊敬…

なおちゃんちでお茶

お茶しにいこーってなおちゃん誘って行ったのに、行きたかったお店がまた臨時休業だったので、なおちゃんちでお茶しようと引き返した。 写真は なおちゃんお手製フルーツサンド。 ラム酒を入れた生クリームはユルめがすきなので、そんなのは売ってないから作…

さがしているものは。

昨日のおやすみは ひとりでケーキを食べに行こうと決めていて、目的のお店まで車を走らせたのに前まできたら定休日だった。 決めていたわりに定休日とかチェックしてないんだよな。 しかたなく、別のお店でケーキを買って家で食べようと思い、 きになってい…

わたしの喫茶店考

喫茶店がすきでした。 子どものころから。 「お茶するで」というて、 休憩したりおやつを食べたりする間(ま)がとにかくすきなんだと思う。 そして、そのためだけの空間があるっていうのにひたすら憧れていた。 母が珈琲が好きだったので、 わざわざ遠い喫…

血流よくしていこー✊

いっきに冬らしい寒さになりました。 きょうはあられがふっていたな。 ろうそく夜は冬もいい。 いつもストーブにパチパチと薪が燃えているし、葉が落ちてしまった山々の景色も、温かいお茶のゆげも。 血のめぐりがよくないのか 自律神経がおかしいのか、この…

子どものちから

朝、外にでたら空氣がすこしつめたくなって、 きもちがしゃんとするここちよさ。 ひびた4才と6ヶ月。 保育園にいく準備はできていて、ひびたにしては大きめのリュックとお茶の入った水筒を背負い、手には車のなかであそぶ用のおもちゃ2つ持ったまま、「さき…

ちゃぶ台生活

めちゃくちゃ暑いですが、食欲がまったく落ちません。 むしろ、なに食べよう? 暑いけど、なに食べたい?と いつも自分のからだに問いかけています。 さいきんはやっちゃんが育てた夏野菜が毎日あるので、切っただけのきゅうりやトマト、ゆでたての枝豆やし…

学校ってなんだ 高校篇

不登校だったはねたは この春から、高校生になった。 「高校へ行く」と決めてから 残りの中学時代は、無遅刻無欠席でかよった。 誰にもそうしろと言われていないのに 自分で決めたことはやる というのが彼の素敵なところだと思う。 それにしても 中学時代の…

学校ってなんだ 中学篇

学校ってやつを やたら意識しているわたしがいる。 はねたが「高校に行きたい」と言って、 しばらく行ってなかった中学校に また通い出したとき、 なんで高校に行きたいか聞いた。 彼は、「青春したい」と言うた。 バイトして、好きな服を買うたり 友だちと…

七夕にねがいごと

今日は予定していたブルーベリー園のイベントが悪天候のためキャンセルとなり、 お店をあけようかとも思ったけど、悪天候なのでそのまま臨時休業にさせていただいた。 で、のんびり家族とともに家ですごした。 きょうは七夕。 小6のムスメが書いた、笹飾りの…

大雨の日

ふり続いている雨がすこし止んだかとおもったら、ひぐらしが鳴いている。 ブログを思い出したように書いています。 毎日とはいかないかもしれないけど、すこしずつ書くようにしたいなとおもう。遠くに暮らす友だちに手紙を書くように。 今週のお店はとてもの…

2月はほとんど

2月はほとんどブログを書かなかった。 今にして思えば、母としてのわたしにとってはなかなかヘビーなひと月だっと思う。 半分くらい学校に行かなかったハネタの高校受験とインフルエンザ祭り。毎度のわたしなら、ただでさえ寒い2月。鬱々としながら、打ちの…

暮らしのおへそに

暮らしおへそ vol.25に、 なぜか元木家の暮らしが載りました。 それはとても摩訶不思議なことであり、 とても嬉しいことです。 ライターの一田さんとのご縁で 十数年のあいだに3回(雑誌は違うけど)取材していただきました。 はじめは家を建てたとき、 ろう…

中3の子をもつ人

この冬はかなり「母ちゃん」を楽しんでいる。 いつも楽しんでいるつもりやけど、 今回はほんとうに盛り上がっていて じぶんの「感情の揺れ」がすごいおもしろい。 不安がからだじゅうをかけぬけたり、 こうしたら?ああしたら?と よけいなおせっかい心が湧…

性のお話会に思うこと

食育とか性教育とか、ナントカ育と、なんにでも押しつけがましく「育」をつけるのは、個人的にこのみではありません。(ほかに何育があったか思いつきもしないんやけど。。) 日々の暮らしのなかにあることを、イベント的にとってつけるのがすきでないのです…

こころをいっぱい満たす

3さいの日々太とかかわっていると 3さいの世界でおしゃべりするから 話がいったり来たり、 おこったり、泣いたり、笑ったり、 とてもドラマチックで忙しい。 完全に自分が主役!なのです。 わたしはいつもそんな日々太に 「上手やなあ」とか 「嫌やったんや…

やすみの日

店は休み 朝から雪が降っていたので 出かける予定をキャンセルして、 家ですごしている。 広げたままだった着物をつまえたり 部屋の片づけをしたり ぜんざいをつくったり おやつを食べたり スマホを見たり それでも時間があまってるので このブログのはじめ…

ようわからんけどいい日

きょうは雨で、 起きたのは9時すぎで、 顔も洗わずに、 いちにちじゅう、 寝間着のままで、 子どもらが録画していた 年末年始のテレビ番組を、 毛布にくるまってゴロゴロしながら観て時をすごした。 冬やすみのあいだ、 そんな風にテレビに時間をとられて ダ…

初釜

春からお茶のお稽古にかよっている。 まだまだ初歩的なお点前を勉強中やけど、とても楽しい。 なにが楽しいの??と聞かれたらすぐに答えられない程度なのだけど、、、 それは、なぜ喫茶店をやってるの??と聞かれたときと、答えは同じのような氣がしている…

しごと始め

今日から、今年のろうそく夜が始動した。 朝、お店にいくと店に灯りがついていて、ストーブに火が入っている。 副住職のいっしんさんが、早朝からつけてくれている。 寒がりのわたしにとって、どれほどありがたいことか。 わたしの体温はジワジワと上昇して…

正月

新年は東林院の除夜祈祷会にて迎えました。たくさんの方がいらしてくださいました。ありがとうございます。 お正月は、長男のふうたも帰って来ていて(祈祷会も手伝ってくれた泣) 久しぶりに家族がそろった日々です。 とくべつにどこかへでかけたりもせず、…