読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性を学ぶ会のこと

f:id:rousokuyo:20161219103509j:plain

 

性教育を学ぶ会に参加してきました。

すっごくいい会だったので、帰ってからだんなにも

お酒飲みながらしゃべってしゃべって

さらに話は深まって広がって

よき日でした。

 

性教育は、5教科を教えるくらい大切なことなんだそうだけど

会が終わるころには、納得。(5教科よりも大切なんじゃないかしら)

子どもに教えることはとても大切です。

そしてそれ以上に大人がまず学ばなければと思いました。

 

子どもに聞かれて、どれくらいきちんと性のこと

伝えることができるでしょうか。

自分のことなのに、知らないこといっぱいあるのではないでしょうか。

私は女性なので、男性のことは知らないこともあります。

なのに息子たちに伝えられることってあるでしょうか。

 

「お父さんにまかせるよ」「自然にわかる」「学校が教えてくれる」

と、先送りにしてしまっているのがほとんどではないでしょうか。

 

女性のからだの事ですら

女である私自身が知らないこともいっぱいありました。

4番目の子を自宅で出産するまで

知らないことは知らないままでした。

 

性を学ぶことは

自分の子を性犯罪の被害者にさせない、加害者にもさせない

そして、自分のことも大切にし、人のことも大切にする

とても日常的であたりまえの日々の暮らしの中にあることなのです。

 

いまは、私たちの子どものころとちがい

ネット環境があたりまえにあり

子どもたちが「知りたい」と思ったことは

体験するまえにほとんどのものが

調べることができます。

でもそれがつくられた偽物か本当のことか

子どもには判断ができません。

思春期になったら友達や本から学ぶわよ、なんて

思っていたら、びっくりするようなところから

情報を得て、びっくりするようなことがおこっても

不思議ではない世の中です。

 

えろ本やらエーブイといった類のものは性の教科書にはなりえません。

性を学ぶためにたくさんの良本も出ています。

両者は似て非なるもの。

前者は性的いじめや女性蔑視、性犯罪を誘発するものになりうる可能性だってある

後者は豊かな人間関係を育むためのもの。

 

「じぶん」がわかり、

「おとこ」と「おんな」のちがいがわかり

「いのち」がわかり

「じぶんはどこから生まれてきたのか」がわかり

「どうしたら赤ちゃんができるのか」がわかり

「どんなふうに赤ちゃんが生まれてくるのか」がわかり

「じぶんのからだの変化」がわかり

「じぶんのこころの変化」がわかり

「どうやって大人になっていくのか」がわかり

「どうやって相手を大切にするのか」がわかり

「どうやってじぶんを大切にするのか」がわかり

 

めぐりめぐって

性教育を学ぶことは

自分がかけがえのないじぶんなんだっていうことに氣づくこと。

 

ろうそく夜でもやりたいな。

性を学ぶ会。

 

 

 

広告を非表示にする

年の瀬です

f:id:rousokuyo:20161212090050j:plain

 

ことしはずーっと部活三昧の年だった。
目下の目標はなかまにお披露目する
宴会や望年会なので
さいきんはほんとうに忙しかった(追い込み練習で)!!
店がやすみの日はほとんどフラの練習。

その望年会がひとつ終わったー
(まだあと1こある)


さいきんは部活に追われてて
家の片付けとか一個もしてなくて
散らかし怪獣の2歳児が家にいるもんだから
家の中、すごいことになっている。
さいきんは人が来ることがないもんだから
氣にもしなくなっていたが
こないだささたくや氏が
いきなり遊びにやってきたので
それまで全然氣にならなかった散らかり状態に
ハッと我に返って(笑)

「そうじしたい」衝動にかられたのでした。

 

まだそうじしてないけどね。

まだ本番1個残ってるし。

 

 

f:id:rousokuyo:20161212090110j:plain

広告を非表示にする

かりもの

f:id:rousokuyo:20160920071643j:plain

 

子育てはやがて終わるということを実感してから

このごろよく思うことは

人生はすべて借りものなのかもしれないということ。

 

子どもを育てることは

自分の子を育ててるんじゃなくて

育てさせてもらってるのかもしれないな

と思うようになった。

いつかそのうち自分ひとりで

決められるようになって

歩けるようになったら

ひとりの人として世界に出て行くもんな。

 

そう思うと、きゅうに世界はひろがり

子育てだけではなく

なんでも借りものなんだと思うようになった。

 

子どもたちだけでなく

旦那もそうだ。

きっとわたし自身もそう。

 

お店として借りているあの小屋のように、

今住んでいる家や庭も、

着ている服や生活道具も、

何もかも

いま、ご縁があってここに

いっときだけ、必要があって

滞在しているだけなのだな

と、そんな風に思うようになった。

 

「自分のもの」なんて勝手に思いこんで

契約したように考えて

やりたい放題に扱って

好きなように扱って

執着して

思いどおりにしようとして

そうならないと怒ったり

イライラしたり

放置したり

忘れ去ったりして。

 

借りものならそんな風にはしないもんな。

だから大切にしようと思う。

今この時を大事に。

 

 

 

広告を非表示にする