かあちゃんのケーキ

f:id:rousokuyo:20170712143201j:plain

 

「急に暑くなったせいで」、とは言いたくないけど

昨日、店のおやつを間違えた配合でつくってしまい

店のガラスケースには、おやつもマフィンも並ばなかった。

(マフィンは粉の仕入れをわすれていたのでつくれなかった)

 

バナナブレッドを焼くつもりが

しっかり計量までしていた豆乳とこめ油とを、

生地に入れわすれたまま型に流し込み

オーブンに入れたんだった。

混ぜながら、なんかいつもとちゃうな?

とも思ったが、そのまま焼いた。

当然、油分と水分がほとんどない

ぱさぱさしたカステラぽいものが焼けた。

 

でも今日はおやつなしというわけにもいかないので

ない知恵をふりしぼり、

トライフルとかパフェみたいなんしたらいいんちゃうと思って

近所のマーケットで生クリームを買ってきてもらった。

わたし、こういう悪知恵みたいなんを考えるのが得意なきがする。

失敗といえば失敗かもしれないけど

初めからトライフルするつもりだったって思えば

すごいステキなおやつやん!って。

 

でも、田舎のマーケットには生クリームはなくて

ホイップしかなかったのでした。

それでも試しにつくってみた。

カステラを薄切りにして、あんずシロップをハケでぬって

しみ込んだところに泡立てたホイップぬって、

また上に同じように重ねて。

イメージはあんずシロップの酸味とクリームがあわさって

ヨーグルトっぽくさっぱりしたお味。

 

でも、やっぱりあかんかった。

見た目もあかん、ホイップのせいで

やっすい味!

おかし作りしたことないオカンがたまに作っちゃったという味。

到底お店で出すものではない

という味。

わたしのつくるおやつは、基本的にお店の味ではないけど

さすがにこれは出しません。という味。

 

そして、当然の流れで

昨日はおやつもマフィンもありませんでした。

お昼ごはんが売り切れて

もうドリンクしかないので

きもちは閉店ガラガラ〜だった。

 

家に帰って

重苦しいきもちで「ケーキもって帰ってきたよ」って

晩ごはんのあとにデザートに出したら

子どもたちのテンションがいっきに上がって

がっついた。

わたしにとっての不本意が、子どもたちにとっては

「これが好きなんよ」という反応。

子どもと一緒にもういちど食べてみたら

「アレ?」とても懐かしいお味。なんかおいしい。

お店のおいしいではない種類のおいしいが、

わたしのところにやってきた。

子どもも知っている、確かなおいしいのやつ。

子ども時代に味わったおいしいの時間。

言葉ではうまくいい表せないけど

このおいしいのやつって

わたしのしたいおいしいのやつと

同じなのかもしれないな。

ホイップ使うという意味ではなくね。

 

わたしの子どものころは

ケーキはバタークリームだった。

 

f:id:rousokuyo:20170712143345j:plain

広告を非表示にする

子どもと絵本

f:id:rousokuyo:20170702194939j:plain

 

 

麦ねえさんのホットケーキではじまる日曜日の朝。

「じぶんでやりたい」ピークの日々たんもねえさんの指導で、

つくるのをめちゃたのしんでいる様子。
ケーキが焼けるのを待ってるあいだに

こんなんあったわと思って出してきた絵本

しろくまちゃんのほっとけーき」を読んだ。


日々太ははじめて見たらしく、

ホットケーキが焼ける様子と、こぐまちゃんを誘いにいくところが

目のまえで焼けているホットプレートのうえのおいしいものや、

にいちゃんにケーキ焼けたよーって呼びに行った自分と重なり

目をきらっきらさせて聴いていた。

 

わたしと麦は、その日々たんのすがたに感動した。

子どもと生活のなかの感動を共有しあうツールとしての

絵本の存在をあらためて見直した朝でした。

 


こんな日々がたからものと思える。

 

f:id:rousokuyo:20170702195102j:plain

 

 

f:id:rousokuyo:20170702195116j:plain

広告を非表示にする

春のひまわり学校

f:id:rousokuyo:20170403141958j:plain

 

「春のひまわり学校」を開催しました。

ひまわり学校は、実行委員会から立ちあげて

学童期の子どもたちの育ちのために

親と先生が頭をつきあわせ

やりたいことを話しあい

学びあいながら

手間と時間をかけて作る

課外授業のようなイベントです。

 

今回の春ひまは「眉山にのぼろう」ということと

お弁当を持参だったので

参加者少ないかもしれないなと思っていたところ

当日は親子で100人くらいの参加がありました。

ほんとうにありがとうございました。

 

山のぼりって、家族ではなかなかできないです。

それが趣味の人はいくのでしょうけど

私は山のぼりが趣味ではないので

よっぽど意識しないと

山って登らないのです。

 

縦割りのグループで、今回は5班に分かれました。

1、2歳の子を連れた方も多くあり

おんぶしたり抱っこしたり、歩いて登る3歳児もいて

そのお母さんや、小さな子のたくましさに

こちらがかなり励まされました。

もちろん小学生たちや4、5歳児は

わたしらよりもずっとずっと軽快で

見守り隊の大人たちよりも頼もしく見えました。

 

そこでは子どもも大人も対等だということを

実感しました。(なんなら上)

わたしになんかあったらこの子らが荷物運んでくれそうとか

思ってしまった。

きっといつも対等であるはずなのに

ついつい子ども扱いしていたなあとか

信じることができなかったり

守ってあげていると思ったり。

 

子どもたちもきっとしんどかったと思うけど

親と離れて、小さい子たちを引き連れて

頑張ろうやーとか思っていたんだと思う。

そんな顔していた。

 

そして、一緒に参加した友達とは

班が別々になって

あからさまに戸惑ったりするのかなと思っていたら

あっという間に

知らない子同士友達になって

氣づけば大きな集団になって

鬼ごっこしたりしている。

 

ひまわり学校の素敵なところは

子どもたちのいつもと違う顔が見られるところ。

子どもたちの感想にもある、

「知らない子と話せるか心配だったけど友達になれて嬉しかった」

「班長になって嫌だったけどやってよかった」

「最初は不安だったけど、来てよかった。また来たい」

 

子どもたち自身も、不安や心配をのりこえたり

自分の中の新しい自分を発見したり

そんな経験を、

自然の中で、異年齢の仲間の中で

させてあげたいというのが

ひまわり学校でいちばん大切にしていることです。

 

そこでの子どもたちの姿に

また大人たちもたくさん学ぶことがありました。

 

夏にもできたらいいなあと思います。

実行委員会からの参加も大歓迎です。

普段の子育てのこと

親子関係のこと

学校生活のこと

先生との関係

発達の悩み

などなど

 

親と先生がそれぞれの立場で

ひとりの人として

語り合う場にしています。

夏のひまわり学校も是非いらしてください。

 

 

 

広告を非表示にする